あなたの言葉を信じて

関西Jr.の正門良規くんが大好きなオタクの独り言

きっと幸せになる

 ※ 私が今思っていることをただただ記録するために書いています。それを踏まえて読んでください。

 

 

 

1月18日 午後15時5分

 

こんなメールが届いた。

 

企画・構成・総合演出 ジャニー喜多川
演出 滝沢秀明

滝沢歌舞伎ZERO」

新橋演舞場公演の詳細が決定しました!
みなさまの申込みを、お待ちしています!!

東京公演 出演者

Snow Man
岩本照
深澤辰哉
渡辺翔
阿部亮平
宮舘涼太
佐久間大介
向井康二
目黒蓮
村上真都ラウール

林翔太
山拓

ほか、ジャニーズJr.

※正門良規、田中誠治は出演いたしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どういうこと?って思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が起きてるのかわからなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

このメールを見る前、

私の大切な大切な同担さんのお友達から

正門くん新橋演舞場出ない!

ってLINEをもらった。

信じられなかった。

また憶測で物を言ってるの?って思った。

でも今回は違った。

メールも来てる。

ウェブにも載ってる。

正門良規は出演致しませんって。

 

 

情報局からのメールで

正門くんが新橋演舞場に出ないって文面を見たとき、

なにかが崩れてしまった気がした。

何も受け入れたくなかった。

どういうこと??何が起きてるの?それで頭の中はいっぱいだった。

Twitterに溢れてる

正門くん新橋演舞場出ないってどういうこと?

って言う言葉。

それすらも見てるのがしんどくなってしまって、そうっとTwitterを離れた。

あのメールが来た時、

私は梅田のジャニーズショップにいた。

ちょうどお会計をするところで、

正直ほとんど記憶が無い。

ジャニショから出て、大阪の街を呆然と歩いた。

頭の中は、どういうこと?って言葉でいっぱいだった。

正門くんの気持ちや、

自分の気持ち、

周りの人の気持ち、

それよりもまず

正門良規は出演致しませんっていう言葉が受け入れられなくて。

何も考えたくないって思った。

電車に乗って、

ただただ呆然として、

これが夢なんじゃないかって思い込もうと

ただがむしゃらに電車の中で勉強してた。

勉強しながら、電車の中で泣きそうだった。

なんで?

なんで?

どうして?

本当にこの気持ちでいっぱいだった。

 

しばらく時間が経って、

やっぱりあれは夢だったんじゃないか。

私は1月17日から何か変な夢を見ているんじゃないか。

そんな決まってたことが白紙になるわけない。

そう思って、あのメールから約1時間経って、やっとTwitterを開けた。

 

するとそこには、

正門くん新橋演舞場出ないってどういうこと?

やっぱりこの言葉で溢れかえっていた。

ああ、これは悪い夢でもなんでもない。

実際に起こってることなんだ。

嘘じゃないんだ。

本当なんだ。

そこでやっと、

正門くんの気持ちを想像して

ものすごく辛くなった。

だって、

正門くんが滝沢歌舞伎ZEROの新橋演舞場公演に出演できること、どれだけ楽しみにしていたか、

それが、

コンサートのお仕事報告だったり、日誌だったり、雑誌だったり、滝沢歌舞伎ZEROの会見だったりで、

すごく感じられたから。

どれだけの思いで、

正門くんがこの舞台に臨もうとしてたか、

それが伝わってきていたから。

大阪以外の場所でたくさんお仕事がしたい

お芝居をもっと頑張りたい

彼の目標が実現できる

そんなチャンスなのに。

正門くんはどんな気持ちで受け止めたんだろう。

あなたは新橋演舞場には出ません

こんな言葉を正門くんに掛けたんだとしたら

そんな酷なことはない。

なんで?

どうして?

正門くんも新橋演舞場出演するんじゃなかったの?

なんで取り消すの?

意味がわからない。

呆然とした後は、悔しさだけが残ってた。

悔しい。

悔しい。

悔しい。

悔しい。

悔しい。

正門くんも新橋演舞場に出るっていったのに、なんで取り消すの?

悔しい。

悔しい。

悔しい。

正門くんが自分の力で、周りの人が正門くんを見て、手にした、させてくれた、お仕事なのに。

そんな簡単に

はいっ、出演致しませんなんて言われても

受け入れられるわけがない。

本人がどんな思いで、

東京の舞台に立とうとしてたか。

自分の名前がある公演で、

初めての東京公演で、

どれだけ頑張ってやろう!って気持ちでいっぱいだったか。

正門くんの言葉を聞いてたからこそ

悲しくて

辛くて

悔しくて。

本当に辛い。

でも今回の件から憶測でごちゃごちゃ言うのは筋が違うと思っていて、

誰が外したとか

誰が決めたとか

そんなことどうでもいい。

内部のことなんて私には分からない。

知らない。

私は目の前で起こっていることを見ていたい。

ちゃんと情報ソースがあるものしか信じない。

だから、

ただただ正門くんの気持ちを考えて、

辛くて悔しくて悲しくて。

こんなことあるんだって思った。

辛い。

 

ここからは、私事になるけれど、

今回の新橋演舞場の公演をこの目で見るために、

どれだけのこと頑張ろうとしてたか。

今年は私自身にとっても、大事な1年だから。

東京の舞台にキラキラして立つ正門くんを見るために、

どれだけ頑張って、

どれだけ時間調整して、

どれだけお金のやりくりして、

どれだけ何しようかなって計画を立てて、

その分どれだけ楽しみにしてたか。

正門くんを新橋演舞場で見られる

それがめちゃくちゃに嬉しくて。

なんでも頑張れそうで。

正門くんが頑張ってるんだから

私も頑張ろう。

その思いでどれだけ自分を奮い立たせていたか。

それが全部崩れてしまった。

大切に積み上げていたものが

いとも簡単に

崩れてしまうことがあるんだって

初めて実感したかもしれない。

 

でも、悔しい悲しい辛いの次に出てきたのが、

こんなところで終わらせない!って気持ちだった。

正門くんはこんなことで夢を諦める人じゃない。

12月25日に伝えてくれた、

あの言葉を信じてるから。

正門くんを信じることのできる言葉だったから。

正門くんが幸せになるために

何が出来るのか。

やっぱりそれは南座で頑張ることだって。

頑張ってる姿をいろんな人に見せよう!って。

目の前にあるお仕事をがむしゃらにやってたら、それがゆくゆくは新しいお仕事に繋がる!

だから、本当に南座での公演

がむしゃらに頑張ろう!

私もできることは何でもする!

これから今までの倍以上応援する!

そう決意を新たにしようとした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、そう考えても

やっぱりどうしようもなく辛くて。

悔しくて。

悲しくて。

1度決まってたものに出演できなくなってしまったこと。

東京公演に出演できなくなったこと。

このことがこんなにも悲しいなんて。

心にもうひとつポッカリと穴が空いてしまった。

 

それだけ私は正門くんのことが大好きなんだって。

大好きだから応援してるんだって。

だからこそ、

その分ものすごく辛いんだって。

そう実感した。

1月17日から

1月18日にかけて

自分の好きな人たちの周りで

起こっていることが

怒涛すぎて、

もう正門くん、関ジュのこと応援するの辞めようかな、

オタ卒しようかな、

また嵐さんだけ応援しようかな、

何回もそう思った。

昨日(1月18日)は1番真剣にそのことを考えた。

滝沢歌舞伎ZEROの南座公演、

関西ジャニーズJr.の春松竹、

これを見たら、一旦区切りをつけようって。

もうそろそろこんなに気持ちが揺り動かされるのは辛いって。

 

 

でも、今日起きて、その思いが変わった。

 

ある同担さんがこんなことを言っていたからだ。

 

 

「もっといい報せがあって、あの時あんだけ騒いだけどさ〜ってみんなで笑えたらいいね」

 

 

なんでか知らないけど、

この言葉に涙が止まらなかった。

そうだ。

あの時あんなに辛かったよね、

悔しかったよね、

でも今はめちゃくちゃ幸せだよね!

そう言える日がいつかきっと来る。

だって、正門良規様だよ?

あの正門良規様だよ?

目の前にあることはちゃんと物にする正門良規様だよ?

今までいろんなことを乗り越えてきた正門良規様だよ?

このままで終わるわけないし、

きっと幸せになるに決まってる。

それをちゃんと見届けたい。

だから、

辛いこと、

悲しいこと、

悔しいこと、

これからいろんなことがあるに違いないけれど、

やっぱり私は正門くんを応援していく!

これからも

正門くん大好きーーーーーーー!って

言い続けるよ!

 

 

まだまだ辛い悔しい悲しいの気持ちは抱えたままだけど、

時々どばーーーーって言っちゃうこともあるかもしれないけれど、

 

正門くんから目を離さないよ。

 

関西ジャニーズJr.からも目を離さないよ。

 

向井康二くんからも、目を離さないよ。

 

室龍太くんからも、目を離さないよ。

 

私は自分の好きなアイドルから目を離さない。

みんなが幸せになる姿を見たい。

何が幸せかなんてわからないかもしれない。

でももうあんなふうに泣く姿は見たくないよ。

涙は嬉し涙がいいよ。

今まで作り上げてきたものが無くなるわけじゃない。

宝物として残ってる。

また新しい宝物を作っていくことはできる。

きっとできる。

そのためにも、

これからも正門良規くんを

全力で応援するよーーーー!!

大好きだぞーーーーーーーーー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

あと最後に!

正門くん!

あなたは幸せになる人だよ!!!

f:id:b_lue_3104:20190119091308j:image

 

 

 

 

おしまい。