あなたの言葉を信じて〜田中樹くんと関西Jr.応援するブログ〜

SixTONESと関西Jr.と嵐さんが好きな人のブログです。

今思うこと。

どうも。mi*です。

今の自分の気持ちをどうしても書き留めておきたい。完全なる自己満足だけれど、それでもいい。後になって振り返られるように。あの時自分はこんなこと思ってたんだって振り返られるように。そんな思いで今日ははてブロを書こうと思います。

 

 

 

 

 

 

大学の授業が終わって、1人でバスに乗っていた帰り道。なにげなく開いたTwitter。そこにあった 「キンプリ今春デビュー」の文字。

え!!?ってなった。

私がキンプリデビューに対して1番初めに思ったことは、おめでとうとかこれからがんばってねとかやっとデビューできるねっていう感情じゃない。そんなものじゃなかった。

単にえ!?!っていう驚きに似たような、でもそれは嬉しさからくる驚きではなくて、悲しさとはまた違うけれど、でも悲しさなのかな。それからくる驚きだった。ひょっとすると悔しかったのかもしれないな。

要するに、複雑だったんだと思う。前のブログでも書いたかもしれないし、書いてないかもしれないけど。私ジャニーズWESTがデビューする前に結成されて、そしてジャニーズWESTがデビューしてから関西を引っ張って行くことになったなにきんの6人がすきだったから。当時の6人の雰囲気を知っていたから。だからこそ今回のデビュー決定はその時の6人の姿を否定されたような気がして。もうしょうれんは二度と関西にもどってこないんだって。それを改めて突きつけられたって感じなんだ。そんな昔のこと引っ張り続けるのは違うってわかってる。しょうれんが関東でKINGとしてかいちゃんと一緒に頑張ってたってことは十分に知ってる。

でも、それでも、今回のキンプリでのデビューはおめでとうっていう素直な気持ちで受け入れられなかった。

だからといって、なにきんでデビューしてほしいっていうのも私の中では少し違うくて。残酷な言い方をするけれど、なにきんはファンの心の中には残っているけれど、もう形としては残っていないから。そこは違うと思うんだ。康二くんや大吾くん、りゅちぇは関西で頑張ってるんだから。今のこの状況でなにきんでデビューしてほしいだなんて、本人達にとって失礼なんじゃないかなって思う。でも、なんだろう。なんて言うのかな。キンプリでデビューする前に、あの時代のなにきんのことを、自分たちのことを、大吾くん、りゅちぇ、康二くん、平野くん、廉ちゃんたちのそれぞれが振り返ってからでもよかったんじゃないかなって。それからでも遅くはなかったんじゃないかなって思うんだよね。

やっぱり、お別れがあやふやすぎたんだよ。行ってこいって言った大吾くんの一言がお別れだったのかもしれない。でも、もっと、もっと振り返ってほしかった。当時のことを。みんなで肩組んで頑張ってた時のことを。Jr.の世界は永遠なんて信じちゃいけないところだし、いつ自分の応援してる人やグループがなくなるかもわからない。だから、自分の好きなグループが解体してしまったその時、そのグループに所属してた本人たちの口からそれが語られることなんてないんだって分かってる。分かってるんだ。でも、私はしょうれんがちゃんと関西Jr.のみんなとお別れするところが見たかった。ジャニーズWESTがデビューする時に、なにきんが感謝の手紙を読んだみたいに。あんな風とは言わない。例えば、しょうれんが東京へ行く前に5人でもう一回コンサートをしても良かったんじゃないか。ファンの目の前でパフォーマンスを見せてもよかったんじゃないか。そうやって、お別れをしてほしかった。きっちりとまでは言わないよ。でも色んな人に、後悔のようなそんなものが少しでも残らないように、ちゃんとお別れをしてほしかった。実際にもし、しょうれんが関東に行く前に今言ったようなことが行われていたとしたら、きっとものすごく泣いてしまっていたと思うし、なんで関東に行っちゃうのって絶対に思ってた。でも、そうしたお別れがちゃんとあれば、今回のデビュー発表でのなにきん担さんたちやセクボ担さんみたいな、本当は喜ばしいはずのデビューで悲しむ人は少なくなっていたんじゃないかって思うんだよね。私自身もこんな複雑な気持ちにはなってなかった。

 

 

でも、私が今思ってることはあくまでも過去に起こっていたらっていう、たらればでしかなくて。あの時こうだったら、もっとこうしていれば。結局私は現実を簡単に見ることができないんだなって思う。だから、当分の間はキンプリがデビューしても応援することは難しいんだろうな。きっと、テレビに出ていたとしても、チャンネルを変えてしまうんだろうな。でも、でもね、私は素直に応援することができないけど、こうやっていろんな意見がある中でデビューするんだから、絶対に売れてね。売れるんだよ。売れなきゃ承知しない。解散とか解体とか絶対にしないでね。それこそ本当にいろんな人の思いを踏みにじることになるんだから。お願い。

 

 

 

 

 

 

今回のデビューは私にとってすごく複雑なものだった。だけど、それだからこそ、改めてSixTONESと関西Jr.を目一杯応援していこうって思った。今回のようにもうたらればを言わないように。純粋におめでとうって言えるように。後悔のないオタク人生を過ごしたい。この目でSixTONESと関西Jr.の幸せそうな顔を見られるように、これからも応援していこうと思う。きっと今回のキンプリデビューは、ファンやJr.たち色んな人に影響を与えたはず。そこでやめちゃう子がいれば、それはしょうがないことなんだ。だってJr.だって1人の人間なんだから。でも私は今応援している人たちはそんなこと絶対にしないって信じてる。SixTONESや関西Jr.の子たちのパフォーマンス見てたらそんなこと考えさせてくれない。この人たちすごい、ついていきたいって思わせてくれる人たちだから。キンプリも後々になってそんな感情をたくさんの人に与えられるような人になってほしいな。心からの願いです。

 

 

 

 

 

 

でもひとまず今日の春松竹の当落が怖いです。

 

 

 

 

 

 

あーー、いっぱい溜め込んでたもの書いたらスッキリした!

今回はこれにて終わり。

関西Jr.のあけおめコンに行ってきた

お久しぶりでございます。管理人のmiです。そして新年あけましておめでとうございます!2018年もスローペースの更新になりますが、よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

さて、新年一発目の更新はタイトルにもあるように関西ジャニーズJr.のあけおめコンについてです!1月3日4日に大阪城ホールで行われたこのライブ。私は1月3日の昼公演にお邪魔してきました!

 

 

 

 

 

 

 

いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

超楽しかったです!!!!!

 

 

私にとってJr.の現場はこの関ジュのあけおめコンが初めてだったのですが、もうとにかく楽しくて!席はまあそんなによくなかったんですけど、雰囲気が味わえるだけでいいってくらい楽しかった!そして、私がずっーーーーーーと気になっていた人にも会うことができました!

 

 

 

 

 

 

 

突然ですが、みなさんはこの人を知っていますか?

 

 

f:id:b_lue_3104:20180108075919j:image

彼の名前は正門良規くん。現在21歳。関ジュきってのリア恋枠で、まいじゃにの恋愛系の企画ではいつも甘い言葉を囁いています。この言葉がリアコすぎると私の中で一時期話題になりました!笑

そして、彼は関ジュの楽器隊としてコンサートではギターをギュインギュインかき鳴らします。特技は中学2年生の頃からやっているエレキの早弾き。これがとにかく上手い。気になる方は某動画サイトで "正門くん ギター" と検索してみて!きっと出てくるはず。でもこれを見てしまうときっと誰でも正門くんに惚れてしまう 🤦🏻‍♀️

そんなリアコな彼は、今や東京の顔となりつつある永瀬廉くん、そして関西のセンター西畑大吾くんと同期でもあります。まさにしのエピソードは関ジュファンの人であれば誰でも知っているはず。今回はそのエピソードを話していると長くなるので、割愛しますが 笑笑 ぜひ、青い鳥で " まさにし " と検索してみてください。たくさんのエピソードが出てきます。こいつらなんなんだかわいすぎるって絶対なります。永瀬廉くんに誕生日プレゼントを西畑くん経由で渡すというエピソードもありますね。同期って本当に愛おしいわ。

 

 

 

 

 

 

このリアコで、ギター上手くて、性格も優しくて、お顔が凛々しくてかっこよすぎる正門くんにやっと会えたのです!!しかも!!私が入ったのは初日だったのでまだセトリが変わっていない。ドリキャも見れましたよ ☺️ それもよかったけど、宇宙に行ったライオンがもう!ね!?!行った人ならわかると思うんだけど、この曲の間のモニターで ずーーーーーっと正門くんが抜かれるんですよ。あの演出はやばすぎるわ、、、あの曲ほとんど正門くんしかモニター映ってないで?え?城ホで正門くんソロコンしてるの?ん? 

それでね?宇宙に行ったライオンの正門くんかっこよすぎるんですよ!象ももちろんかっこよかったですよ!?始めのメドレーでギターぎゅいーーーーんって鳴らして、象歌ってる正門くんのかっこいいったらなかったですよ!?でもね!それよりも!宇宙に行ったライオンがかっこよすぎたんですよ!何がどこがこうかっこよかったかは覚えてないんだけど、かっこよかったなぁ〜っていうのは覚えてる。あのかっこいい正門くんをもっと色んな人に見てほしい。てゆうかあの正門くん見て惚れない人いるんですかね?ねぇ?

あとBAD BOYSの正門くんもよかったなぁ…。基本私は踊ってる正門くんも好きだけど、ギター弾いてる正門くんが好きらしい。ギター弾いてね、顔を横に向けてね、苦しそうに歌ってる(感情込めて歌ってる)正門くんが本当に好きなんですよね。だから、宇宙に行ったライオン、象、BAD BOYS はすごく良かったなぁっていう印象。

 

 

 

 

 

でも、そんなかっこいい正門くんに1つだけ申し上げたいことがある。頼むから、もっとバクステ側に来て欲しかった!泣 バクステ側にも正門くんのファンはいます!!(私と友達バクステ側で正門くんファンしてた)

ファンサする曲でね、メインの4人、トリオ、ふぁんきーは来てくれるのよバクステ側。私 "投げCHUして"っていううちわ持ってたんですけど、今江くんにおそらく投げチュもらいましたしね ☺️ ふわ〜って投げチュしてくれた絶対。私は信じてるよ今江くん。

それで、こうして上に挙げた人たちは来てくれたのに、正門くんったら!!本当にバクステに来ない!!ずっとアリーナにいる!メンステ、センステの通路にずっといる!!頼むからこっちこい!って何回思ったことか 😩 唯一、もんビバでアイシテルやった時ぐらいかなぁ、バクステで正門くんのことちゃんと見れたの…、アイシテルめっちゃよかったよ …… もんビバの2人でばどのアイシテルはやばすぎたよね … バンドやなくてダンスして歌ってるもんビバの2人が超かっこよかったっす … でもほんとそれくらいで、その先はほとんど正門くんきてくれなかったんよね … こじけんはきてくれたよ、、。これがよく言う干されてるってやつですね。悲しみ。次は絶対構ってもらう!

 

 

でもね、こんなこと言ってますけど、正門くんをこの目で見られたことはとにかく嬉しかったです!!正門くんだけじゃなくて、色んな関ジュの子達が見れて、関ジュの雰囲気を感じ取れてとっても嬉しかった!正門くん以外で見れて嬉しかったのは、龍太くんと康二くんと末澤くんかな。あ、あとまとくんとりゅちぇと大吾くん、丈くん!♡ 見たいなぁ〜って思ってた人がみんな見れたから私はもうとっても満足でした。康二くんのスパノバ、ひとざ、龍太くんの台宙も見れたし ☺️ 大吾くんのまた今日と同じ明日が来るも見れたし!あれもう最強だったわ、、最高じゃない最強。

 

 

 

 

 

本当に関ジュコンに行けて良かったなぁ〜って思えた1日でした!また、春も当たったら行くぞ!!それまで頑張る💪💪 ジャニーズってやっぱり最高だ!!

 

 

 

 

 

 

 

おわり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の話。

こんにちは。管理人のmi*です。少年たちLIVE始まりましたねーーーーー!!1曲目がデイブレとかめっちゃ見たくなってしまう…………。いつも通り申し込みはしてないから、見れないけどね!!笑 今は一昨日のドンエバがあるから、全然落ち込まないしね!前も言ったようにレポ見てるだけで幸せだからね!!!いいもん!ふん!!

 

さて、このブログを書くのも久々なので、(ブログ投稿するときいつも言ってる笑)最近あったことに対して個人的な感想をつらつら〜と書いていきます。SixTONESのことじゃないことも含んでいるので、興味のない方はスルーしてください m(__)m

 

まず、いっこめ。

SixTONESのオンナが何言ってんだって思うかもしれないけど、言わせてください。トラジャのことです。ジャニアイのレポを見ていて、もうなんだろなんなんだろ、トラジャのファンの人たちが1番思ってることなんだろうし、外野がゴチャゴチャ言ってもイラっとする人もいるかもしれないけど、なんでなんであんなに頑張ってる人たちの元からひとりまたひとりってメンバーが抜けていってしまうんだろう。ねぇなんでなの。あの噂が流れたとき、まさかって思った。嘘だって思った。私はTwitterで言われてることってなかなか信じないから、また誰かがどっかから情報を適当に流してるんだろうなって思ってた。でも、ジャニアイの千秋楽の朝日くんが泣いてたってレポ見た瞬間にその思いは私の憶測でしかなかったんだって悟った。そして、追い討ちをかけるかのように、今月発売されたドル誌から朝日くんがいなくなってた。信じられなかった。朝日くんのあの笑顔がもう見られないのかと思うと悲しかったし、それに、こないだ美勇人くんが抜けたばっかりじゃん。まだそれもあんまり受け止めきれてないのに。私、美勇人くんが踊って生き生きしてる姿見るの大好きだからさ、ラブの時とは違うトラジャとして踊ってるときの美勇人くんが大好きだからさ。だから、美勇人くんがトラジャじゃなくて、ラブを選んだことにもなんで?って気持ちがまだある。消化できてない。ラブを前みたいに応援できないしね。少クラで歌ってるのあんまり見れないもん。なのに、まだ美勇人くんのことも受け止めきれてないのに、朝日くんまで抜けるなんて。こんなことある?ないよ。私ストのオンナだけど、トラジャのこと大好きなんだよ。報われてほしいってずっとステージで輝き続けていて欲しいってそう思ってるんだよ。なのになんで。顕嵐ちゃんにひろきくんに美勇人くん、それに朝日くんまでって。寂しすぎるよ。トラジャは9人でこそトラジャだよ。5人のトラジャを受け止めるまでには時間がかかってしまいそうだな、私は。

 

でも私がこんな風に思っていても、きっと残ってるメンバーたちは自分たちの全力を尽くして、トラジャを大きくしようってことしか考えてないんだろうなって思うし、笑顔で仲間たちを送り出してるのかもしれない。そんな彼らの姿を考えると、ごちゃごちゃ言ってないで、ありのままに今残ってるトラジャという存在を応援してあげることが彼らの一番の力になるんだろうなとは思う。でも、でもね、ちょっとくらい悲しんでもいいんじゃないかって思うよ私は。人間そんなにすぐにはいそうですかってなれるものじゃない。強がってる姿ばっかりじゃなくて、ちょっとくらい文句言ったりしてもいいんじゃない?トラジャはもうちょっと貪欲になるべきだよ。送り出し続けるのはもうやめようよ。美勇人くん引き戻そうよ。私はそうしてほしいな。5人になったトラジャもきっと強いんだろうなとも思うけど。でも、美勇人くんが戻ってきたトラジャを見たい。私の願いです。

 

 

 

 

 

 

ふたつめ。

関ジュのクリパの話。昨日メール送られてきて、ほんとにびっくりしました。まさかの大西畑こじるたが一緒じゃないっていう事実。ほんと無理。もう申し込んだけど、まだ受け止めきれてない。ジャニーズWESTがデビューして、なにきんが出てきたけど、解体しちゃって、バラバラだった関西がようやくまとまってきたっていうこの矢先に。嘘でしょ。だって、大西畑こじるたが一緒じゃないってことはだよ、ぶりぶりとかびっくげーむとかこの4人で歌割りされてるものがこの4人とは違う歌割りで歌われるってことだよね?私の大好きなぶりぶりがこの目で見られないってことだよね?正直言って、耐えられない。ふぁんきーが揃ってないのもわかんないし、正門くんとこじけんの名前無いのもよく分かんないし、とにかくよく分かんない!誰か説明してくれる人いません?まだ、大西畑とこじるたで分かれてるなら、それもそれでちょっとやだけど、ものすごくやだけど、まだ納得できたよ。でもなんで、なんでおおにっちゃんだけ別の日。わからん。ジャニーズさんの意図がわからん。トリオに力がついてきてるからなのかもしれんけど、でもまだあの4人には敵わんと思うんやけどなぁ。まだ一緒にやってていいと思うんやけど。おおにっちゃん自分で全部背負ってしまわへんかちょっと心配です。せめて、分けてやっても最終日とかくらいみんな一緒にやったらいいのに。もう決まったことやから、とやかく言ってもしょうがないけど。はあーあ。

 

 

 

 

 

 

みっつめ。

SixTONESの話。風磨くんのサマパラの感想でも書いたけど、SixTONESのみんなが同じ方向を向いているせいか、なんだか最近のSixTONESがとてもいい。前が悪かったとかそういうんじゃないの。前もというか今までもすごくよかった。でもなんだろう。最近のSixTONESとってもいいよ。今日もドル誌読んでて、WUの座談会の内容に泣いてしまいそうになっちゃったし。

"今はもっと先輩のバックにつきたい。経験、場数をもっと踏みたい。ちゃんと考えてパフォーマンスしたい。(ニュアンス)"

いやぁ、熱いよ。SixTONESめっちゃいい。SixTONESのオンナは、SixTONESのパフォーマンスを見て、デビューしてるってよく言うじゃない?なんで、デビューしてないんだろうって。私もそう思うことよくあるし。ドンエバとか見てて、本当にそう思うもんね。最後のstopのかっこよさね、あれをデビューしてるって言います笑 でも、本人たちはデビューしたいって言う前にもっと場数を踏みたいって言ってる。自信をつけたいって。あんなに素晴らしいパフォーマンスができるのに、まだ自分たちには足りないものがあるって思ってるんだよ。なにそれ。かっこよすぎる。ファンの思ってるよりもさらに上を目指そうとしてる。なにそれ。かっこよすぎる。本当に芯がある人達だなぁ。もっとたくさんの経験を積んだらどうなるんだろうね。今よりもすごくなっちゃったら、どうしよう。でも、そんなSixTONESめちゃくちゃ見たい。見たいに決まってる。いつか東京ドームでコンサートしてほしいな。そのためにも、SixTONESのみんなの言う通り、もっと経験を積んで、大人の事情をぶち壊すくらい、こいつらデビューさせなきゃまずいって偉い人たちに思わせるくらいになってほしいな。がんばれ。

 

 

 

 

 

 

 

最後に1つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまのJr.のみんなが幸せになれますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり。

 

 

 

 

仲間って素晴らしい

どうもお久しぶりです。mi*です。いや、ブログ書くの久々だな!笑 もう夏休みには入っていたし、SixTONES単独も終わったことやし、何回もブログ投稿しようとしてはいたのですけど、書いては消しての繰り返し。私単独コンや風磨くんサマパラ、すのーんずキントレそれぞれに行ったわけでもないので、そんな人がつらつら感想書くのもなぁって思ってしまって……。でもやっぱり今の自分の気持ちとか書きたいなぁって思ったので、ブログ久々に投稿します。

 

 

 

8月に入って始まったSixTONESとオンナたちの夏。SixTONESの単独ライブから始まった夏。7公演あったけれど、どれひとつにも入れなくて。この目でSixTONESのパフォーマンスを見たかった。でも私そこまでお金がある訳じゃないし、遠征なんてできないから今回は諦めた。でも諦めたこと後悔してるかって言われたらそんなことは決してなくて。そりゃあ生であのものすごく長いMC見たかったし、鎖に繋がれたいんざすとーむ見たかった。でも、それよりもなによりも毎日Twitterで回ってくるレポを見ることの楽しいこと。延々と見てられる。あのレポを読んでいられるだけで幸せだった。SixTONESの男子高校生みたいなノリのところと、オレたちはやってやるぜっていう気迫のあるパフォーマンス。そのギャップが詰め込まれたとても素晴らしいライブだったんだなぁってレポを読んでいてものすごく感じた。ライブに行ったいろんな人のレポを見たけれど、どの人もあんなに楽しいライブはないっておっしゃっていて。やっぱり私はSixTONES好きになってよかったんだなぁって思った。素晴らしいライブを作り上げることができるアーティストってそんなにいないよ。しかもJr.の段階で。どんな人でも満足できるようなライブを作ることができるのはストの強みだと思う。その強みもっと活かせるような場を提供できるようにしなくちゃね。

 

そして、単独コンのレポを読み漁っていて、私の胸にグッときたこと。それは、毎回言葉の違う樹くんの挨拶。もう号泣でしかないよね。今の自分の境遇を後悔したことはない、いろんなことあったけど今このステージに立てることが幸せ。いや、どんだけあなたは泣かせてくるんや。ファンの不安を吹き飛ばしてくれるようなあなたの言葉。あんなこと言われたら、何も考えずに応援するしかないやんか。このブログのタイトルあなたの言葉を信じてですよ。あの挨拶を見て、あぁ私は樹くんの言葉を待っていたんだなぁって思った。樹くんの言葉なら信じることができる。そして、やっぱりSixTONESっていう居場所は樹ちゃんにとって私が想像できないくらいに大切な場所で。その場所があったからこそ、樹ちゃんはコンサートの場で挨拶としてあんなにすばらしい言葉を言えるのだろうなぁって思った。樹ちゃんに、力を与えてくれて、元気をくれて、ここにずっといたい、馬鹿騒ぎしてたいって思わせてくれるそんな仲間がいてくれて、本当に良かったなぁ。仲間って素敵だなぁって感じるよ。

風磨くんのサマパラだってそう。樹くんに風磨くんっていう唯一無二の親友がいてくれて本当によかった。こいつ弱いんでってちゃんと自分のことをわかってくれる人に出会えるのって素晴らしいことだよ。同じグループの中にそういう人がいるのはもちろん大切なこと。でもそれ以上に、グループという場所の他に家族以外で自分のことをわかってくれる人がいるっていうのは樹ちゃんにとって心の支えになるんじゃないかなぁって。ふまじゅりの関係性ってすごくいいと思う。幼い頃からずっと一緒にやってきてるから、仲間意識やライバル意識があって、お互いに切磋琢磨しようとしてる。そんな関係性がふまじゅりに感じられて。もちろんSixTONESの中にいる時にもそんな関係性が見えるときはある。でも、なんて言うんだろう。風磨くんと樹くんには同じグループの中ではない2人だけの絆っていうか、2人にしか当てはまらない絆っていうか。そんな唯一無二のものがある気がする。

 

 

あと、もう1つ。風磨くんの今年のサマパラにバックとしてSixTONESがついたことはすごく意義のあるものだったんだなぁって思った。風磨くんにとっても、もちろんSixTONESにとっても。サマパラオーラスのSixTONESのみんなから風磨くんに宛てた手紙を読んでいて、なおさらそう思った。みんな前を向けることができるなとも。樹くんのもう後悔はないか?っていう言葉。北斗くんや優吾さんのライブに出してくれてありがとうっていう言葉。きょもちゃんの頼もしいって言葉。この言葉を読んでいるだけで、あぁ今回のサマパラでSixTONESのみんなは過去のことを清算したり、グループ愛が深まったり、向上心をもらったりすることができたんだなぁってジーンとした。私もうあのレポが流れてきた日、しばらく色々考えちゃったもん。風磨くんやSixTONESのこと。風磨くんや北斗くん、優吾さんにとって美愛がどんな存在だったのかとか、今のセクゾが風磨くんの居場所なんだなぁ、やっと腹を括ったんだなぁって。そして、そんな風磨くんの姿を樹ちゃん含むSixTONESのみんなが認めているんだなぁって。直接応援してきたわけじゃないけれど、美愛が優馬くんと一緒にデビューしてからもう一回Jr.に戻っちゃって、健人くん風磨くん北斗くん優吾さんが活動してる姿を見てきたから余計にね。なんか言葉にできない感情が出てきちゃったよね。こうして今の形に収まることができたのは、風磨くんがセクゾに対して腹を括ったからっていうのもあるだろうし、北斗くんと優吾さんが2人ともSixTONESっていう自分の夢を叶えられるかもしれない場所に再び巡り会うことができたからなのかなぁって。そうじゃなかったら、今回前回の風磨くんのサマパラは実現しなかったんじゃないかなと思うよ。でもこうした気持ちを今回感じることができたのもさ、バカレア高校っていうドラマがあって、紆余曲折を経てSixTONESっていう最強なグループができたからなんだよね。ただグループが結成されたからじゃなくてなんていうのかな、SixTONESに対して、メンバーのみんながこのグループでやっていきたいって、デビューしたいって思ってくれてるって感じられるからなのかも。すのーんずキントレで北斗くんがSixTONESのこと前は好きじゃなかったけど、今は好きって言ってくれて、樹くんは6人でいることが苦痛じゃなくなってきたって言ってくれてさ、あぁ、ほんとにみんなSixTONESのことが大好きなんだなぁって思った。グループとして結束がないとやっぱりデビューしても難しいと思うから。前に東山さんが番組で、ファンの人たちはグループの歪みとかにすごく敏感だみたいなことをおっしゃっていて。その歪みみたいなものはSixTONESに対しては全く感じられない。それはつまりみんなが同じ方向を向いているってことであって。ファンとしてこれほど嬉しいことはない。だからこそ、メンバーたちが望むデビューっていうことを叶えてあげられるようにファンとしてできることはやっていかなくちゃなって感じた。ずっと私はSixTONESの姿を見ていたい。成長する彼らを。そのためにも、声を届け続けなくちゃ。ファンレター書こ。よし。

 

 

 

 

 

 

 

終わり。

 

 

 

 

 

 

 

注意 : このブログにて紹介したメンバーの言葉はあくまでニュアンスですので、実際の言葉は自分の目でレポを見るなりして確かめてください。

 

SixTONESパフォーマンスまとめ①

おはようございます。ブログお久しぶりです。

 

最近ほんと課題に追われていて、ブログ書く暇もなく、樹ちゃんの誕生日のお祝いもちょっとしかできなくて。来年は今頃実習だし…、きっと来年もちゃんとお祝いできない……残念すぎる………

 

といっても、SixTONESのパフォーマンスの映像(主に少クラ)は、課題している合間とかによく見てるんですけどね 笑 課題に追われると、なぜか動画ばっかり見ちゃうのよね…、それで課題進まないんだよね…… ( ˙-˙ )  わかってるんだけどね……みちゃうんだよなぁ……… 恐るべし、youtube。そして、何回も見てる中で、お気に入りのシーンがいくつか出てきましてですね、なので今回は私の好きなSixTONESのパフォーマンスについてつらつら書いていこうかなと思います。私の主観が入りまくりですが、それでもいいよーって方は見ていってください。語彙力乏しいので、意味不明かもしれませんが、優しい目で読んでください (⌒▽⌒)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、いきまーす !!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1、HELL.NO

ほんとこの曲を歌ってるSixTONESだいすき。中でも少クラのバカレア再結成の時のへるのーがだいすき。何回でも見れちゃう。私の精神安定剤

どこが好きかと言われれば、1つめに登場シーンの樹さまのかっこよさ。ぺきゃぺきゃがとにかくすき。あそこのラップは樹ちゃんのラップのなかでも1、2を争うほど好き。かっこいいだけじゃないかんじ。男らしいというかなんというか。最近の少クラで披露してたのもよかった。あのラップ樹ちゃんに合いすぎてる。なんか樹さま〜〜〜って言いたくなる(伝われ)

2つめに、Aメロのジェシーソロのときの振り付け。考えたの誰なんですか。ジェシたんに撃たれる感じな5人がとにかくたまらん。個人的にあそこの北斗くんの動きが好き。奥の方で小さく映ってるけど、それをじーっと見るのが好きなわけですよ、わかりますか!!(わからない)

3つめに優吾さんのぶらぶらぶら。 男らしい優吾さんたまりませぬ。普段ニコニコしてるのにたまにあういう男らしさ出してくるんだから心臓もたない。優吾さんって罪な男だわ。あのぶらぶら聞いてから、優吾さんはきっとロック系の歌うたったら、似合うんだろうなぁ〜〜って思った。

4つめにきょもさんの虚しいだけの……大切なことぉ〜〜かな。ここのきょもさんの目!!目!!!あれだめなやつ!吸血鬼みたい!血吸われて死にたい!!あんな目で見られたらいつ死んでもかまわない!(え)

 

 

 

 

 

 

2.愛のコマンド

好きな理由はとにかく樹ちゃんのラップですねはい。あの刺激的なラップを歌う樹ちゃんがすきすぎてどうしよう。こないだの少クラの愛コマやばいやつ。だめなやつ。ちょいとスピードアップしてるのがなおのことよい。あと、スイッチオン!がほんとだめ。みんなかっこよすぎてつらすぎた。1人ずつ言うとか聞いてないよ〜〜 泣 そして、こないだの少クラのもすきだけど、私が好きなのはなんといっても、SixTONESという名前ができて初めてパフォーマンスしたときの愛コマ(間違ってたらごめんなさい)あの愛コマのみんなの気合の入りようったら。じぇしたんの気合の入りようったら。すき。1番気合いが伝わるのは、樹ちゃんのラップ明けのサビっすね。あのサビを見ていて、何回この人たちデビューしとるわって思ったことか。

 

 

 

 

 

 

3.太陽のあたる場所

これはもういいですよねぇ〜〜 あんなイケメン集団どこ探したらいるんですかね。爆モテDK感ありすぎて、エモすぎて。(エモいの使い方あってるのでしょうか。)私服っぽいのがなおさらエモさを引き出してると言いますか。きょもちゃんのハット大好き。ドンピシャ好み。そしてね、SixTONESって基本的にギラギラした歌を歌うこと多いけど、太陽のあたる場所みたいな爽やかな曲歌っても似合っちゃうんだから、もうほんと沼でしかないよ。沼を再確認する曲ですね、これは。北斗くんのソロから入るのめっちゃいい。不健康なリズムって歌ってるときの北斗くんの声とダンスがすきだな。北斗くん→ジェシーっていう流れもいいしね〜〜〜 あと樹ちゃんがラップしながら椅子の上移動してるのも好きやし、あの樹ちゃんかわいすぎる。バニラボーイちゃんたちが戯れてるのもすきだねぇ……平和だよねぇ………

 

 

 

 

 

 

 

4.青春アミーゴ(バック)

ほんとは4番目に書こうとしてたの違うのだったんだけど、こないだのmusicday見てたら、書きたくなっちゃったよ 笑 一昨日の青春アミーゴほんとにかっこよすぎたなぁ…。山Pのソロのとこかな、どの辺かはちょっと忘れちゃったんだけど、6人で飛び込んでくるみたいな振り付けあるじゃないですか。飛び込んで、しゃがんでくるっと回るやつ。あそこいいわぁ…。北斗くんが1番に起き上がっちゃって少しズレちゃってるのが愛しくてたまらん。でもお顔はかっこよすぎるし、たまらん。樹ちゃんがサビのところで頑張って足あげてるとこも愛しすぎ。じぇしたんと北斗くんめっちゃ上げてるもんね、それだからがんばったのかな。それともあれだけ上がるのだろうか実際も。もしそうなら、田中樹さん沼すぎます、はい。あなたどれだけの運動神経秘めてるの、ひょぇ〜〜〜

 

 

 

 

 

 

5.逆転レボルシオン(バック)

青春アミーゴ書いたら、書きたくなるよね 笑 でも私前に好きなとこ書いてるんだよね、たぶん。もう一回書きます。まずね、この歌のときの衣装がすき。少年たちみたいだなって思う。優吾さんの衣装が1番すきかな。樹ちゃんもいいけど。あとふっかの衣装もすき。そんで衣装だけでなく、これはもうとにかくですね、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森本慎太郎さんがイケメンすぎてつらい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段あんなにゴリラみたいな感じなのに。末っ子なのに。わたしちなみに同い年なのに。(さらっと年齢さらす)あんなにかっこいいなんて聞いてない。スノープリンスのときを知ってるから余計に。なんであんなにイケメンになったんや。森本慎太郎くんは。つらすぎる。しんどいしかでない。すのまんと一緒にバック宙するところもイケメンすぎるけど、その後が私のすきなポイント。あのバック宙してからの踊ってるときの慎ちゃんの顔だよ!だめ!むり!すきーーー!!ってなるやつ。森本慎太郎くんのイケメンさを再確認しました。男の子がオトコに成長しましたね…………感慨深いわ…………。

そしてもちろん樹ちゃんもイケメンすぎる。とびーらあーけーたーのとこの樹ちゃんの立ち方!!!すき!!!あそこほんと何回でも見ちゃうんだよなぁ……

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかすきなポイントいっぱい言ってたら、脈絡のないブログ出来上がりましたが 笑 今回はこれにて終わり。第2弾も書いちゃうかも。次は夏休みかな。テスト頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せーのっ、ズドン!!!!!!

 

田中樹くん22歳おめでとう。

大好きな人の22回目の誕生日。

 

生まれてきてくれてありがとう。

ジャニーズに入ってくれてありがとう。

SixTONESに入ってくれてありがとう。

樹くんに出会えてほんとよかった。

これからもずっと応援してます。

大好きです。

 

 

 

ラップしてる樹くんも

MCしてる樹くんも

ヤーマン言う樹くんも

ママ大好きな樹くんも

爆モテDKな樹くんも

ショタコンな樹くんも

 

どんなあなたでも私は大好きです。

 

ありのままのあなたでいてね。

 

22歳おめでとう。

 

 

 

やっぱり田中樹くんが心の底から大好き

どうも、こんにちは。管理人のmi*です。最近、このブログのアクセス数がものすごい増えていて、びっくらこいてます。怖い。なんで、こんなに急に増えたんだろう。怖い。

 

 

 

 

 

 

まぁ、そんなことは置いときまして。

 

 

昨日のMステ……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高でした 。・゜・(ノД`)・゜・。

 

 

もう泣きまくりの叫びまくり。親にまたうるさい言われちゃったてへ 笑 しょうがないじゃんね。あんなの見たら、叫ばずにはいられんもの。しょーがない。

 

でも、ほんとに今このタイミングで樹ちゃんの顔が見られて本当に良かった。泣く。今このブログ書きながらも、泣きそうです。電車待ちながら泣きそうになるとかわたしやばいやつだな笑

きっと、だいぶ前から決まっていたお仕事なのかもしれないけど、今回の騒動があってそれを変えなかったってところにほんと感謝しかない。いつも悪口言ってばかりでごめんなさい。今回のことはほんとに感謝しかありません。ジャニーさん、事務所さんありがとう。

 

そして、アイドルしてる樹ちゃんを見て、やっぱり私はどんなことがあっても一生この人のこと好きでいるんだろうなぁって思ったよ。やっぱり踊ってる樹ちゃんがすごく好き。ダンスが上手だとは一般的には言われないかもしれないけれど、私は樹くんの踊りめっちゃ好き。大好き。かっこいいもんだって。あの、とび〜らあ〜けた〜のとこの振りめっちゃかっこいい。惚れる。 

ラップしてるときの樹ちゃんもすきなんだけどね 、愛コマとへるのーのラップとかめっちゃすきで一週間に一回は見ちゃうけど(あ、これは盛ったな笑)

それでもねやっぱり私は樹ちゃんが踊ってるところを見るのが1番すき。しあわせ。あの細い体で生み出される言葉では言い表せない踊りがすき。樹担さんならわかってくれるはず。わかってほしい。

 

でも、そんな樹ちゃんの踊りも今回はちょっとなんかなんだろ、いつもとは違う感じ。あのことを抱えたまま踊っている感じ。見ている人に何かを感じ取ってもらいたいそんな踊りだったな。踊ってる時、すごく切ない表情もしてたしね。なんだかいろんなことを考えてしまった昨日の樹ちゃんのパフォーマンスでした。

 

 

あと、やっぱりバックとかで踊ってるの見ると、SixTONESってダンス上手いんだなぁって思うよね。みんなすんごい揃ってたよ。いつもそのくらい揃えようよって思っちゃったよ笑 こないだの嵐さんの時も思ったけどさ。バックについたときのSixTONESの結団力みたいなのほんとすごいね。気合いが伝わってくる。特に、逆転レボルシオンのパフォーマンスはそう感じたな。何回見ても飽きないもん。中毒になる程見てるけど、全然飽きない。すごい。Jr.でこのクオリティはすごい。とともに恐ろしい。私はすごいグループ応援してんだなって思った。やめられないな、SixTONES担も、樹担も。あー、たのしいね。今年の夏はたくさんSixTONESが見られたらいいな。

 

 

 

 

 

北斗くんのカメラ目線のことも書こうかと思ったけど、また今度にするね。終わり。